LinkIconenglish

profile


さまざまな土地で人の営みがあり、さまざまな土地に風土がある。

日々の営みに美が垣間見える。その人の日常のなかに美は隠れていて、本人は気づかない。
物がその場所にあり続けることで予期せぬ美を見せてくれる。偶然つくり出されるその美しさは、もはや必然としかいいようがない。人・土地・環境、相互の“自然”が織りなす風景の妙。

私は色鉛筆と紙を携えまちを歩く。カメラでは触れられないそのものを直接撫で、カメラでは写せないものを写します。


p-1001.jpg


1968 石川県金沢市生まれ
1992 東京芸術大学美術学部デザイン科卒業
1995 東京芸術大学大学院美術研究科デザイン専攻修了
現在 東京工科大学デザイン学部教授

個展

2014 不確かな存在の記録/いりや画廊(東京・入谷)
2007 銀座の賜物/INAXギャラリー2(東京・京橋)
2002 下関・千・日記/INAXギャラリー2(東京・京橋)
1999 day drawing 1999/秋山画廊(東京・神田)
1997 day drawing 1997/田中画廊(東京・日本橋)
1996 Speculate/秋山画廊(東京・神田)
1995 Work on Wall/秋山画廊(東京・神田)
1992 ギャラリーQ(東京・銀座)
1990 永谷ギャラリー(東京・銀座)

主なグループ展など

2016 オオタノカケラ 2016(東京・大田区)
2015 大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015(新潟・十日町)
2015 水と土の芸術祭 2015(新潟)
2015 內湖本色 藝術計畫(台湾・台北)
2013 おおたアーティスト・イン・レジデンス「掘り起こされる視点」(東京・大森)
2012 町の記憶PROJECT 南千住10000枚の記憶展(東京・南千住)
2012 第5回大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012(新潟・十日町)
2012 水と土の芸術祭 2012(新潟)
2009 水都大阪2009(大阪)
2009 水と土の芸術祭 2009(新潟)
2009 第4回大地の芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレ2009(新潟・十日町)
2007 大阪・アート・カレイドスコープ2007「大大阪にあいたい。」(大阪) 
2006 第21回国民文化祭やまぐち2006・彫刻展(山口・宇部)
2006 第3回大地の芸術祭・越後妻有アートトリエンナーレ2006(新潟・十日町)
2004 第58回山口県美術展覧会/山口県立美術館(山口)
1999 ONE DAY ONE SHOW/FREE SPACE 3(東京・表参道)






酒百 宏一(さかお こういち)

1968年石川県金沢市生まれ。
東京工科大学教授。
フロッタージュという美術の描画技法を駆使したオリジナルの技法で作品づくりを続けている。近年は地域におけるアートイベントなどに参加し、プロジェクトとして作品を展開している。
2006〜2015年は越後妻有アートトリエンナーレ(作品:みどりの部屋プロジェクト)、2009〜2015年の水と土の芸術祭では失われつつある新潟の水の記憶をフロッタージュを通して新潟市全域でかたちにする「Niigata 水の記憶プロジェクト」。
東京では、およそ2年にわたって東京・南千住の移ろう町の記憶を住民とともに作品にしてかたちにする「町の記憶PROJECT 南千住10000枚の記憶展」を2012年に開催。また大田区のモノづくりをテーマとした「オオタノカケラ」を2013年から個人の活動として展開している。