銀座に85年のビル内部をフロッタージュ探検


昭和7年和光と同時期に竣工、その後空襲を免れ、テナントビルとして平成23年で役目を終えたビルを現在のオーナーが、高層タワー新築構想から一転、保存を決断。現在のギャラリーとして今に至る。

当日は、予定では外壁の加飾タイルを皆で写しとるつもりだったが、雨のため、3階までの建物内部のかたちをフロッタージュによって探検するかのように紙に拾っていった。そのことで改めてこの建物の築85年の重みや魅力に気づくワークショップとなった。



0014.png

建物についてはこちらLinkIcon銀座レトロギャラリーMUSEE

   

DSC01900.png DSC01887.png DSC01897.png DSC01896.png DSC01895.png

銀座フロッタージュ計画 2007-2017

プロジェクトの経過報告と作品展示

2017年10月29日(日)同会場にて

プロジェクトについてはこちらLinkIcon

ginza-retro-gallery-MUSEE-marugoto-musem-201774.png

DSC01882.png

ginza-retro-gallery-MUSEE-marugoto-musem-201718-2.png

DSC01829.png